アトピー完治

アトピー完治促進グッズ研究日誌2

アトピーについて考える

管理人というか自分はアトピーで、アトピーでいろいろな経験をしました。

 

 

自分は子供の頃もアトピーで病院に行っていました。
そのアトピーはいつのまにか治っていて中学生のときは、特にアトピーに悩むことはなかったです。
やや記憶が曖昧なのですが、中学の頃はアトピーがよくなっていました。

 

 

でも、高校2年生ぐらいのときに再びアトピーを発症。
このアトピーがやっかいで、かなりきつかったです。

 

おしりにアトピーができて、おしりをかきむしったため真っ黒になり。
かゆみも今までのアトピーと比べたら尋常ではないほどかゆいものでした。

 

そこからもう10年以上アトピーと付き合っています。

 

 

ずっとアトピー状態が悪いわけではなく、安定している時期も長いんだけど完治まではいかず。

 

たまに急にアトピーが悪化するから、アトピー箇所に負担をかけないように気を使っているよ。


 

今現在おしりのアトピーはいまでは完治とはいきませんが、治療の限界状態まで来ていると思います。
もうこれ以上がんばっても、おしりのアトピーがよくなることはないという感じです。

 

おしりが元通りになることはもうないと思っています。
どうやっても皮膚が元通りになる気配がありません。

 

なので、おしりに負担をかけるとすぐにアトピーがぶり返してしまうので、おしりに負担をかけないように気をつけています。

 

 

 

 

アトピーは悪い人ほど、よくなりやすい

 

アトピーというのは常につらいわけではないです。
常にかゆいという人はほとんどいないと思います。
でもかゆいときはつらいです。

 

わかると思いますが、アトピーが重症な人ほど、アトピーがある程度までは大きく治ったりするんですよね。
太っている人ほど、ある程度まではどんどん痩せれるのと同じです。

 

だからアトピー状態が悪い人ほど、大きくアトピーを治せるチャンスがあったりします。

 

 

ピンチはチャンス。
意味不明かもしれませんが、アトピーが最悪な状態なら、後はアトピーをよくするだけですからね。

 

アトピーが悪化すると落ち込んでしまいますが、結構その状態からは努力次第で短時間で抜け出すことができるので、絶望する必要はないです。

 

 

 

 

 

アトピーサイトはアトピーが治ると興味がなくなる?

このサイトは一般の人が思いつかないようなアトピーについての考えや、基本的すぎて見失いがちなアトピーとの付き合い方。
アトピーについていろいろなことを書いています。

 

 

以前にもサイトをやっていたのですが、アトピーに対しての対応もいろいろ変わりました。
自分の考えもいろいろ変わりました。
そこでこうしてリニューアルしようと思いました。

 

まぁアトピーというのは、よくなるとテンションが下がるというか、どうでもよくなるものだったりします。

 

 

自分は他の人のアトピーブログもいろいろ見てきました。
ブログをみていても、管理人のアトピーがよくなるとアトピーへの思いも冷めるものです。

 

そりゃそうですよね。
アトピーがつらいときは、忘れたくてもつらくて忘れられないわけですから。

 

でも、アトピーがよくなったら、アトピーについて忘れて当然です。
風邪をひいていない人が、常に風邪について考えることは難しいと思います。

 

 

だから、アトピーブログとか更新が止まるというのは、その人は今アトピーに悩むことがなくなったと考えられると思っています。
そして多くのアトピーブログは更新が止まりやすいので、多くの人はアトピーがよくなって、ブログを終了したのだと思われます。

 

アトピーを治して幸せになっているのかは知りませんが。
アトピーはつらい症状です。
でもアトピーを治せば、幸せになれるとは限りません。

 

アトピーを治したところが人生のスタートラインだという人もいると思います。

 

 

このサイトは

 

他のサイトでは見られないような記事を書く

 

つもりです。
なんか、他から記事をパクられると腹が立つので、どこもパクることができないような、とんでもないアトピー関連記事を常に書いてやろうと思っています。

 

そこまで自分の根性が続くのか知りませんが。

 

 

 

 

アトピーとは?

 

アトピーになった人なら言われなくてもわかると思いますが

皮膚があーだこーだでかゆみで困る症状

ですね。
特に理由もなく肌荒れがあったら、医者も適当に
「アトピーですね」
といいます。

 

アトピーだという明確な理由みたいなものはなかったりします。
医者も症状を見て聞いてアトピーかどうかを判断するだけですから。

 

 

この説明で自分がなにを言っているのかわからない人は、もっとアトピーの基本について書いているサイトを見るのをおすすめします。

 

いや、そんなことはアトピーの人なら
「言われなくてもわかってるよ」
みたいな感じでしょ?
ただ自分が書くのがめんどくさいだけだったりもするんですけど。

 

 

 

アトピーはつらい症状?

 

アトピーというのは、序盤はそこまで深刻に考えないんですよね。
命に関わるような病気ではないですから。

 

でも、かゆみがガチでつらくなる瞬間がきます。
そのときに、本気でアトピーについて考えることになります。

 

アトピーを甘く考えている人も、アトピーがなかなか治らなくて、かゆみが強烈になるとアトピーをどうするのか真剣に考えるときがくるかと。

 

 

アトピーはいつか本気で考えるときがくる!


 

逆に考えると、アトピーでまだ死にそうな感じにになっていない人は、アトピーを放置してもいいのでは?
勝手にアトピーが治ることもありますからね。

 

 

自分もアトピーを軽視して、だらだらとアトピーと付き合って生きていました。
気合いを入れてさっさとアトピーを治せばよかったと今なら思います。

 

でも当時の自分は
「このアトピーと一生付き合っていこう」
みたいなことを思ったりしていました。
治る気配がまったくなかったので。

 

 

 

子供がアトピーなのは親のせい?

 

子供がアトピーの親にとっては、子供のアトピーをどうにかして治したいと思っていろいろするかもしれません。

 

親の中には
「自分のせいで子供がアトピーになってしまった」
なんてことを思う人もいるかもしれません。

 

 

親ができる子供に対するアトピー対策で大事なことは

  • 食事
  • 体を冷やさせない

ここらへんになると思います。
あー、あくまで自分の考えですけどね。

 

 

うちの親は、食べることが大好きで、健康なんて考えていませんでした。

 

だから毎日から揚げとかてんぷらとか、そんなものばかり食事にでてきましたね。
で、そういうものを作らないときは、スーパーの弁当とか、マックでハンバーガーとか買ってきてくれました。

 

当時は自分はハンバーガー3つ食べていたなぁ。
週に2回ぐらいは、マックでハンバーガー食べていましたよ。

 

そりゃそんな食生活をしていればアトピーになっても仕方なかったと今なら思います。
アトピーは腸が弱ってでる症状とも言われています。

 

腸が弱るというのは、アトピーの原因の1つです。

 

 

体が冷えるのも、腸の機能が落ちることにつながります。
これはつながっているんですよね。
腸が健康だと体も基本温かいものなんです。

 

親は子供の体が冷えないように、衣服や寝具に気を使ってあげてください。

 

 

うちの親は食事に関しては、かなり自分に悪影響なものばかり食べさせてくれました。
でも自分がアトピーになったのは親の責任ではないと思っています。
親がなにを作っても、結局アトピーをどうにかするのは自分自身です。

 

自分もそういったものを喜んでといったら大げさですが、普通に文句なく食べていましたからね。
もし本当に自分がアトピーについて考えていたのなら、親が油っぽいものばかりだしてきても、それを食べなければよかったわけです。

 

 

親のだした食べ物を食べないようにするっていうのも、なんとも親不孝な子供に思えますけど。
アトピーにならないためには、自分はそうすべきでした。
それができなかった自分にアトピーになった原因があると思っています。

 

 

だから、子供がアトピーでも親は、自分を責める必要はないと思います。
自分を責めてもどうにもなりませんし。

 

知識がなかったからしょうがないと思います。
そして親も子供においしいものを食べさせてあげようと思って、そういう食事内容になったと思うんです。

 

 

遺伝で子供がアトピーになったとしても、そんなものはどうしようもないでしょ。
遺伝というものは仕方ないです。

 

薄毛が遺伝した人だって、親を恨んだりはしないと思いますけど。
他人がどう思っているのかは知りません。

 

 

自分を責めるぐらいなら、今後のためにアトピーにいい食事を考えたほうが100倍いいです。
アトピーにいい食事がわからないという人は、アトピーはどうでもいいので、健康にいい食べ物を探してください。

 

子供も親を恨んでいるなんてことは、冗談で言ったりするかもしれませんが、本気ではないかと。

 

 

あと、冷たいものはどーにかしろ!

 

 

アイスや飲み物に氷を入れたりするのをどうにかすべきです。
子供は冷たいものが好きですから。

 

後は、こまめに着込ませたりする、体を冷やさないようにする。
眠るときは温かい格好で寝かせる。

 

ちょっとしたことですが、アトピーには大きいことです。

 

 

 

最近のアトピー事情

 

実際自分は他の人がアトピーでも、別にどーでもいいんですよ。
これはどんな人もそうですよね。
他人の人がアトピーで
「かわいそう」
とは思いますけど、結局他人事です。

 

 

ただアトピーのつらさは誰よりもわかっていると思っています。
自分がアトピーでつらい目にあいましたから。

 

だから、アトピーで苦しんでいる人のつらさは、なんとなくわかります。
おそらくネットでアトピーについていろいろ書いている人より、よっぽどわかっていると思います。

 

ネットでアトピーに書いている人って、アトピーになったことがない人や、どうみてもアトピーが軽症っぽい人が多いですから。
いや、知らんけど。
(どっちよ!?)

 

 

自分はなんか最近のアトピー事情というものにも冷めているんですよ。

 

いや、どこも書いていることは同じようなことじゃん。
油をあーだこーだとか、腸内環境をよくするとか…。
たしかにそのとおりなんですよ!
アトピーをよくするためには、それは大事なことなんです!

 

でも、みんながそんな感じで、それが正解っていうのはなにか違う気がします。
アトピーではない人まで、そういうことを書いて、アトピーの人も、アトピーではない人もみんな同じことを言っている。

 

 

多くの人がそういうものを望むのなら、自分のアトピー対策って必要ないんじゃないかとも思います。
アトピーってそんな治し方に正解があったりするものではないと思うんです。

 

 

自分はアトピーがつらくて、月に吼えました。
山月記状態ですよ。

 

こんなつらい人生が続くのなら、死んだほうがマシだと思ったこともあります。
今後こんなかゆみに耐えて生きていかないと思ったら、人生に失望しました。

 

 

アトピーってつらいと本気で思っています。
でも、どうも最近のアトピーというのはスマートな感じなので、なんかアトピーってより軽く思われている気がするんですよね。

 

アトピーの人は
「アトピーがつらい!アトピーがつらい!」
とそればっかり言っていますけど、アトピー対策とかみると、みんな同じことを書いているだけですから。

 

 

 

 

 

アトピーを治すために必要なのは気持ち?

 

アトピーを治すって

クールなんですけど、心には熱い炎をたやしていないと難しい

と思っています。
いや、そんな格好いいものでもないんですけど。

 

 

この文章でなにかを感じられた人は、ある意味やばいですね。

 

でもアトピーを治すというのは、なにかをがんばるというよりは

自分の中の心でアトピーを治すという強い気持ちを持つ

ことが重要です。
それさえあれば、どんなアトピー対策でもアトピーをよくすることは可能な気がします。

 

熱い心をもっていれば、体も温まるのでその影響もあるかもしれません。

 

 

さすがにとんちんかんなアトピー対策だと厳しいかもしれません。
でも健康にいい対策なら、どんな方法でもアトピーを治せると自分は思っています。

 

アトピーを治そうという熱い気持ちがでないのなら、でるまでアトピーを放置でもいいのかもしれません。
いやそういう気持ちがないと、アトピーも治りにくい気がします。

 

 

アトピーを治すというのは、本人の努力以外にも、流れみたいなものが必要な気がします。
スポーツでよく
「流れが悪い」
とか
「流れが来た」
とかいいますよね。
その流れです。

 

 

人間常にやる気であふれているわけではないです。
元気なときもあれば、落ち込んでいるときもあります。

 

アトピーを治す気持ちがでるまで、待ってみるのもいいかもしれませんね。
アトピーを治そうという気持ちがでたとき。
それがアトピーを治すいい流れがきているときです。

 

アトピーを治すチャンスのときだと自分は思います。

 

 

 

アトピーは自分に自信をつけることで治る!

 

アトピーは精神的なところも大きく関わっていると自分は思っています。

 

人間、不安を感じていたり、生き方を窮屈に感じていると、なかなかアトピーは治らないものです。

 

 

自分もネガティブなんですよ。
しかもA型

 

A型はよく神経質だといわれたりしますよね。
O型がうらやましいですよ。
いや、人気的な意味でですけど。

 

B型やAB型も、自分のペースで生きられるだけいいと思います。

 

なんかしょうもないことを書いている気がしますけど、自分はA型だからアトピーになり、アトピーも治りづらいところがあったと思っています。
A型は神経質なので、ストレスも溜めやすいので。

 

 

ただ人間性格は

 

自分自身に自信をつけることで改善できる

 

ところがあります。
いや知らんけどな!
さすがに本質というか、根本的なひととなりをどうにかするのは厳しいと思いますけど。

 

 

でも自分も難しいと思っていたことにチャレンジして、それが案外簡単だったら楽になったりします。
やる前は難しく思っていたことが、実際やってみたら結構簡単だった。
そういうのはだれにでもあると思います。

 

 

世の中性格がひんまがった人もいますけど、自分みたいに優しい人もいますから。

 

そんな窮屈に生きないで、殻をやぶっていろいろしてみてください。
そうすることで、アトピーが治りやすくなることもあります。

 

 

まずは夜ジョギングでもしてみてください。
自分も人目が気になったりで、ジョギングってしたくてもできなかったのですが、できるようになれば結構自信がつきますし、健康にもよくアトピーがみるみるよくなりましたね。
ジョギングをして基礎代謝をあげるアトピー対策ですね。

 

 

夜ジョギングしていて、人がいたり、車が来たりしたら、びびって立ち止まってしまいますけど…。
結局小心者だったりするんですよ。
やっぱり人目は気になるんです。

 

でも誰もいない道をジョギングするぐらいなら、自分にだってできます!

 

 

そうやって人間少しずつできることを増やして、自分に自信をつけていけばいいと思います。
自分に自信をつけること、それがアトピーを治す大きなきっかけになりうるものです。


ホーム RSS購読 サイトマップ