アトピーならつめを切る

【アトピー対策】つめを切る!かきむしる後に重要性がわかる

アトピーでつめを切るというのは基本中の基本こと

アトピーなら

 

つめを切るというのは基本中の基本

 

のことです。
これができないという人は、アトピーを治す気がそんなにないと思われても仕方ないです。

 

 

つめを切るというのは、めんどくさがらなければできます。

 

つめが伸びているのかどうかを忘れてしまって、伸びてしまうことはあると思います。
でも
「爪が伸びているなぁ」
と思ったときに、すぐに爪を切る癖をアトピーの人は身に付けておきたいところです。

 

 

 

アトピー悪化を抑えられる

つめを切ればアトピーが早く治るというわけではないです。

 

でもつめを切っておけば、かきむしってもアトピー箇所へのダメージは抑えられます。
これがすごい違ってきますよ。

 

 

つめが伸びていると、アトピー箇所へのダメージはすさまじいです。
かきむしった後が残ってしまう可能性もでてきます。
爪が伸びているのか、伸びていないのかでのかきむしりの差はすごく大きいんです。

 

アトピーというのは無意識にかきむしってしまうこともよくあります。
「最近はまったくアトピー箇所をかきむしっていないなぁ」
という人も、油断せず爪は切っておきたいところです。

 

 

 

 

 

つめを切るのは5分でできる!本人次第

つめを切るというのは5分でできるでしょ。
それができないとなると、もうどうにもならない気がしますね。

 

もっとつめを切る意識を高めるために、爪きりにこだわってみるのもいいと思います。

 

【爪きり販売店一覧はこちら】
爪切り

 

自分は100円ショップの爪切りを使っていますけど。
1000円以上する爪切りを購入すれば、爪を切る意識も高まりそうです。

 


 

汚い爪切りを使うのも、爪を切るテンションに関わってきそうなので…。
汚れているのなら変えたほうがいいかもしれませんね。

 

まぁ爪きりって古いもののほうが、どこか安心感もありますけど。

 

 

爪を切ることは簡単なことだから、後回しにする人も多いです。
でも早めにつめを切っておいたほうが

後悔することは少なくなる

はずです。

 

当然のことができないのなら、どうにもならないです。
むしろアトピーなのに爪が伸びている人は、すごい勇気だと思います。

 

賞味期限が過ぎた寿司を食べるような感じかなぁ。
たぶん大丈夫でも、もしダメだったときはひどい目にあいます。

 

 

今現在つめが伸びている人は、さっさと切りましょう。
それだけで、人間
「今日はアトピーにいいことをした」
と自分を誇れるのですから、安いものです。

 

つめきりがない人は、100円ショップに売っているので買いましょう。
別に100円ショップでなくてもいいですし。

 

 

 

 

 

爪切りは安いから興味をもたれない?

アトピーの人は、馬鹿高い商品には興味を示しますが、お金のかからないことには興味を示さないという…。
爪切りなんて100円で買えますからね。

 

むしろアトピービジネスをあーだこーだいう人は間違っているんですよ。
アトピービジネスは確かに悪いですが
「価格の高いものが効果がある」
と思っている、アトピーの人もどうかと思います。

 

まぁ人間そういうところはあるんですけどね。
価格の高いものが効果が高いって思うところは!!

 

 

女性になると
「爪を伸ばしたい」
という人もいるかもしれませんが…。

 

アトピーが治ってから、思う存分爪を伸ばしてネイルでもなんでもすればいいと思います。
爪が短くても、見栄えが悪いとは思わないものです。

 

でも、今は爪のおしゃれを楽しむ女性も多いですからね。
こういう点でも、アトピーは女性のほうがつらい症状だと思いますね。

 

 

男性は爪をきっとけ!!
男性でめんどくさがって爪が伸びている人がいますけど。
不潔感しかでませんからね。

 

男性は爪が伸ばすメリットが1つもないでしょ!


ホーム RSS購読 サイトマップ