アトピー冷たい食べ物

アトピーの人は冷たい食べ物に注意

冷たい食べ物は腸の働きを悪くする

アトピーの人は食べるものに気を使っている人が多いですが

食べ物の温度

にこだわっている人は少ないように感じます。

 

 

冷たい食べ物はおなかを冷やし腸の働きを悪くさせるので、アトピーの原因が腸の状態が悪いからだとされているアトピーの人は、冷たい食べ物は注意が必要です。

 

ただ、世の中冷たい食べ物ってそんなに多くないですし、ちょっとした冷たさなら別にどうってことないです。
じゃあ、どういうものでおなかを冷やしてしまうのかというと

  • 氷を入れた飲み物
  • アイス

これぐらいしか自分はないと思っています。

 

でも、

氷を入れた飲み物を飲む人は多いでしょう

から、注意したいところです。

 

まぁ簡単に言ってしまえば

  • キンキンに冷えた飲み物
  • アイス

この2つを沢山食べたり飲んだりするのは、じんわりアトピーの悪化につながると考えたほうがいいと思います。
そこまで沢山食べたり、急いで食べたり飲んだりしなければ大丈夫だと思いますけどね。

 

 

おなかが冷えると、下痢や軟便になりやすいよ。

 

便の状態で自分の腸の状態がおおよそわかるから、うんちの状態を確認してみよう。


 

おなかが冷えるとアトピーが悪化するのなら、おなかをあたためてあげればアトピーはよくなります。
食べ物でおなかを温めるのはいいのですが、いくら温かいものを食べたり飲んだりしても、その食べたものの成分が体に悪いのならどうにもなりません。
そういう点で、体を温めるのにいいものといえばお茶ぐらいになってくるのではないでしょうか。

 

食べ物でおなかをあたためるよりも、運動をして体を温めたり、腹巻をしたりしたほうが、腸の状態はよくなりやすいように感じます。
特にまったく運動をしない人は注意が必要です。

 

少し運動をして、なにもしなくても体があたたかくなるような状態にしておくことが重要です。
代謝をあげるってことですね。

関連ページ

アトピーの人はよく噛んで食べることでアトピーが治る
アトピーの人はよく噛んで食べることを意識すべきです。
欧米化かつ飽食の時代でアトピーになりやすく治しやすい時代
今現在の日本の食事は欧米化かつ飽食の時代で、アトピーになりやすい一方、アトピーを治しやすい時代でもあります。
アトピーで食事を気にしないことは可能か?
アトピーで食事を気にしないで治すことは可能かと考えれば、十分できます。
アトピーでなくてもよく噛んで食べるのは重要
アトピーならよく噛んで食べましょう。アトピーではなくてもよく噛んで食べましょう。ダイエットにつながります。

ホーム RSS購読 サイトマップ