アトピー親を恨む 遺伝の可能性

【アトピー】親を恨むのは間違い!遺伝の可能性はあるか?

アトピーで親を恨んでもどうにもならない!

自分もアトピーで親を恨んだりしました。
アトピーは遺伝でなりやすいものだとされています。

 

自分がアトピーなのは親の影響も少なからずあるでしょう。

 

 

でもそれだけではないんですよ。
アトピーになりやすい体質でも、アトピーがでない人もいます。

 

 

自分が一時期親を恨んだのは食べ物の点です。

 

 

親はあまりにも自由に食べさせすぎました。
食事は親が作ります。

 

子供が食事の内容を指示することや、バランスのよい食事まで考えることは不可能です。
親が好き勝手子供に食べさせるというのは、よくないことなんですよ。

 

 

 

アトピーと遺伝の可能性

アトピーは遺伝するのか?
これは十分可能性はあります。

  • アレルギーになりやすい体質
  • 肌が弱い体質
  • 腸が弱い体質

こういうのがアトピーの遺伝の可能性につながります。

 

ただ、だからといってもどうにもならない気がします。
「遺伝でアトピーだからどうしようもない」
と思って諦めてもどうにもなりませんよね。

 

そんなことを言っていたら、外見やら生まれた境遇でもそれがいえてしまいます。
人間は、もって生まれたカードをどう使うのか。
そしてどのような生活を送るのかで、変わってきます。

 

 

アトピーになりやすい体質だったとしても、アトピーに悩まされない生活を送ることもできます。
そしてアトピーだから、気づくことも多々あると思います。

 

自分もアトピーになったことで、健康意識が高まったところがあります。
健康意識が高まったことにより、今後長生きできるかもしれませんよね。

 

 

 

 

 

親は子供に好物ばかりを食べさせるのがアトピー悪化につながる

アトピーで親を恨むのはどうかと思います。

 

ただなんとなく思うのですが

親は子の好きなものを食べさせる

傾向があります。
まぁ、そりゃそうでしょう。

 

親も子供がかわいいから、子供が
「おいしい」
と思うものを、なんども食べさせるのでしょう。

 

 

うちの親もそういった傾向というか、うちの親は
親自体が食べて好きなものを子供にも食べさせる
という感じでした。

 

子供のために食べ物を買ってくるというより、親自体が好きなものだけ買ってきて、それを子供に食べさせるといった感じでした。
なので、親はシチューがあまり好きではなかったので、自分は子供の頃シチューを食べたのは、学校の給食がはじめてでした。

 

親はカレーは好きなので、カレーは頻繁にでてきました。
でもシチューは子供の頃、一回も作らなかったです。

 

 

そんな感じで、親は子供のことを思って食事を作らなかったんです。
それでいいと思うんです。

 

でもうちの親がダメだったのは

 

自分の好きなものばかり偏ったものばかり食べていた点

 

だったと思います。

 

一時期うちの親は、スーパーの半額になった弁当にはまり、毎日のようにスーパーの半額になった弁当を食べていましたからね…。
そりゃー、アトピーが悪化してもしょうがなかったです。

 

 

たしかに当時は、おいしいものばかり食べさせてもらえばうれしくなります。
でも、後々のことを考えるとやっぱり後悔するわけですよ。

 

だから親が後悔しないような生活を送る必要があったと思います。
まぁそうなると子供のときに、親にブーイングで
「くそー!」
となっていたと思います。

 

だから、結局は早いか遅いのかの話だったのかもしれません。

 

 

 

アトピーを悪化させないために、食べ物をリクエストしよう

だから、アトピーにいい食べ物が食べたいのなら

子供が親にアトピーにいい食べ物を買うように頼む必要

があるように思います。

 

 

子供がバランスの良い食事をリクエストするのは無理だと思います。
子供は無理なんですよ。

 

でもある程度大きくなったら、自分でアトピーにいい食べ物を見つけることができたり、自分でご飯を作ることもできるでしょう。

 

 

少なくとも米は大丈夫です。
となると、用意すべきものはおかずだけです。

 

アトピーの人は、おかずをどうするのかだけ考えればいいでしょう。
もし米もまったく炊かないというのは、米を炊くことから考えましょう。

 

まったく自炊しないという人は、自炊することから考えましょう。

 

 

 

 

 

食事以外にも、健康に気を使おう

アトピーが遺伝的なものかといえば、たしかにそのところはあるでしょう。
でも、私生活の改善でアトピーといった症状は避けることができます。

 

だから

人間健康的に生きるべき

なんです。

 

 

親がどうとか以前に、小さな頃に幼稚園やら小学校で、早寝早起き、バランスのいい食事、適度な運動。
こういったものは大事だと教えられたはずです。

 

親がどうとかいうより、そこへの意識が本人が足りなかったことがアトピーになってしまったところはあるでしょうね。
まぁ親もいろいろな人がいます。

 

アトピーで親を恨んでいる人も、うすうす親には責任がないと思っているところはあると思います。
親が悪いところもあったとしても、アトピーのすべての原因が親にあるとは思っていないのでは?

 

 

たしかに親がアトピーに無頓着なところがある人もいると思います。
うちの親は
「病院につれていけば、病気は治る」
と思っているタイプです。

 

だから、自分で病気を治そうとすることはまったくしません。
でもアトピーは、自分で健康に生きようと努力しないとなかなか治らないです。

 

 

自分がなかなかアトピーが治らなかったのは
「親が病院に行けばアトピーは治る」
という信念や信条を持っていたからなのかもしれません。

 

いまでも親はそうなので、年に親の医療費10万円はいつも超えています。

 

 

親は自分が子供の頃アトピーだったとき、アトピーを治そうと病院に連れて行ってくれました。
親は病院にいけばどんな病気も治ると思っていました。

 

でもアトピーはなかなか治らず。
それでも親は
「病院に行っているから」
とやることはやっている感じでした。

 

 

まぁ多くを望むのは酷なんですけど。
病院にすべてまかさないで、アトピーに良い食べ物というか。
少なくともアトピーに悪い食べ物について知っていてくれれば、アトピーはもっと早く治っていたかもしれません。

 

ただアトピーだった自分自身が、それほどアトピーを治そうという気持ちがなかったので。
アトピーが長引いたのは自業自得だったのかもしれませんねぇ。


ホーム RSS購読 サイトマップ