アトピー体を冷やさない

【アトピー対策】体を冷やさない あたたかく保つことでアトピーが治る!

アトピーなら体を冷やさない

 

よくスポーツ選手は、一時休憩中に体を冷やさないように厚着しています。
体が冷えると、体が動かなくなるんです。

 

人間の体は寒いと動かなくなるようにできています。
だから運動をすると、熱くなることはあっても、寒くなることは少ないです。

 

人間夢中になると寒さを忘れることができます。
そして気がつくと、体は温まっています。

 

 

体が冷えるとアトピーも悪い

ように感じています。
なので、アトピーの人はアトピーを悪化させないためにも、体を暖く保つのが重要です。

 

 

コツは

涼しいよりも暖かい

を狙います。

 

 

涼しいのも、暖かいのも快適です。
でもできれば、涼しい快適より、暖かい快適を選んでください。

 

 

これ、手で氷を触っていればわかりますけど。
感覚がなくなりますから。
布団もあたたかいほうがいいですよね。

 

まぁ自分は小学校の修学旅行だっけかな。
それが夏なのにすごく暑い布団で、鼻血をだしたりしましたけど。
基本涼しいよりあたたかいほうが健康的なんです。

 

 

なので、これはアトピーどうこうではなく。
人間の基本としてつかむべきことだと思います。

 

たしかに暑すぎると脱水症状がでますけど。
それは極端な話なわけで。

 

 

人間は寒いより熱いほうがいいです。
でも、熱いことを苦通というかストレスに感じるのなら。
それは違うかもしれません。

 

たまに熱いことと蒸しているっていうの?
なんかすごく空気が悪いところで生活している人がいますけど。
そういうのはむしろ健康に悪いかと…。

 

 

大事なのは周りの環境がどうとかではなく。
なにもしなくても、自分の体を熱くなるような状態を保つってこと。

 

なにもしないと寒いっていうのは、ダメなパターンってことですね。
人間不安を感じていたり、睡眠不足だと体が寒いからなぁ。

 

 

 

 

 

自分の体が温かいのかどうかは本人にしかわからない

自分の体が暖かいのか、寒いのかは、アトピーの本人しかわからないです。
本人の努力にかかっています。

 

もし子供がアトピーなら、子供が今暖かいのかそれとも涼しいのか聞いて、服を着させてあげましょう。
ただ子供は快適なほうを選ぶと思うので、あからさまに涼しいほうを選んでいるようなら注意です。

 

自分も子供の頃はそうでしたけど、暑いより涼しいを好みました。

 

 

1日でも昼は暑く、夜は寒くなることもあります。
1日中同じ服でいさせることは、体を冷やすことにつながります。
少し寒くなったと感じたら、厚着しましょう。

 

 

これ、単純なことですが、スポーツ選手も体を冷やさないようにしていることからも

体が冷えると大きくアトピーに影響してくる

ものです。

 

体って冷えると、動かなくなるんですよ。
ちょっとしたことのように感じる人もいるでしょうが、かなり大きなことです。

 

アトピーの人は、とくに体の中の機能が衰えることに敏感な気がします。
「体が冷える=アトピーが悪化する」
と考えたほうがいいと思います。

 

 

というより、寒いと自然治癒力がなかなか発揮されないと思います。
なのでアトピーが悪化するというより、アトピーがなかなか治っていかないと思います。

 

ただ暑すぎるのもストレスになりますから。
あくまでもあたたかいを狙うべきです。
暑いになるのはいけません。

 

 

 

 

 

アトピーの人はおなかを冷やさないように注意!腸を健康に!

アトピーの人は、体が冷えると特に

腸の働きが悪くなる

ところから、大きくアトピーが悪くなります。
特におなかは冷やしたくありません。

 

 

腸が健康だと自然治癒力も高まり、アトピーの治りが早まります。
でも腸の状態が悪いと、自然治癒力も高まらず、アトピーの治りがなかなかすすみません。

 

人間夜眠ると、次の日の朝にはいろいろと治っています。
それは、温かくして眠っているからな点もあります。

 

温かいのは大事なんです!

 

 

人間なにもしなくても寒いときもあれば、暖かいときもあります。
できれば、なにもしていなくても「暑い」と感じるような体になるのが理想です。

 

代謝は低いより高いほうがアトピーの人にとっては理想です。

 

 

逆に体調が悪いときとかは、おなかをあたためてやれば調子がもどってくるので。
それも覚えておいて損はないと思います。

 

 

 

冷たい飲み物もおなかを冷やす

冷たいものを沢山食べても簡単に体は冷えるので、アトピー悪化につながります。

 

飲み物によく氷を入れている人は、氷を入れるのをやめ、冷えすぎた飲み物を避けることでアトピーがよくなる可能性があります。

 

冷たい飲み物はおいしいですけどね!!

 

特に子供がアトピーなのは、冷たいジュースやアイスを好んでいるからかもしれません。

 

 

 

「アトピーにはジュースは悪い」
とよく言いますけど、多くの人は「砂糖」の点を見て悪いと言っています。

 

でもジュースに氷を入れて冷たい飲み物を飲むことは、おなかを冷やし腸の働きを悪くする点も注意です。
まぁ子供に温かいお茶を飲ませるというのもかわいそうな気がします…。

 

もし自分が子供で、いつもあついお茶ばかり飲まされていたらうんざりしますね。

 

 

冷水って体を冷やすので、どうしてもアトピーにも影響が悪いです。
水分を取るのは、アトピーにとってはいいことでも、冷たい飲み物を大量に飲むのは注意しましょう。

 

 

体は暖かい状態を保とう!

 

冷たい飲み物より、暖かい飲み物を飲む癖をつけるといいよ。


 

大人でアトピーの人は、あたたかいお茶でも飲みましょう。
ホットのお茶が一番理想かなぁ。

 

 

温かい飲み物ってアトピーに悪そうな飲み物が多いです。
コーヒーとか、ラーメンのスープとか、かけうどんやかけそばのつゆとか。
どれもアトピーにはイマイチに感じます。

 

でも温かいお茶なら、アトピーにいい影響しかなさそうですよね。

 

 

 

 

 

おなかを冷やさないために腹巻をするのもいい

おなかを冷やさないために、腹巻をするのもおすすめです。

 

 

 

自分は常に腹巻していますけど。
腹巻する前は常に下痢な感じだったのが、今では固形のうんちになって、便秘にまでなりましたからね。

 

【腹巻販売店一覧はこちら】
腹巻

 

いや、ほんとぜんぜん違いますよ。
腹巻をして、おなかに1枚多く着込んでいるだけで、便の状態とかすごくよくなりましたから。

 

 

体を冷やさないことって大事です。
スポーツ選手って何千万何億って稼いでいる人たちですよ。
そんな人たちが体を冷やさないようにしている点からも、やっぱり体が冷えるといろいろ機能が落ちてしまうんですよ。

 

 

人間、アトピー箇所をかきむしらなければ、自然治癒力でアトピーは治っていくはずです。
でも、アトピー箇所をかきむしっていないのにアトピーがよくならない人もいます。

 

そういう人は、自然治癒力が正常に働いていないと考えられます。
腸の働きが悪いのかと。

 

 

体が寒いと自然治癒力も正常に働きません。
できるだけ、体が冷えることをさけ、体をあたかかい状態を保ってください。

 

なにもしなくてもあたたかい人って有利です。
逆になにもしていないと寒くてしょうがない人は、体を動かす必要があると思います。
体を動かせば、体はあたたかくなりますからね。


ホーム RSS購読 サイトマップ