アトピーと運動 悪化の可能性は?

【アトピー対策】運動は悪化するか?代謝をあげる!体をあたたかく保つ

アトピーなら運動したほうが治りやすい

アトピーなら運動したほうが治りやすいです。
そうテレビで言っていました。

 

 

テレビでは特に理由もなく

運動をしない人と、運動をした人では、運動をした人のほうがアトピーがよくなった

と言っていました。

 

自分はこれは

代謝をあげた関係

だと思っています。

 

なにもしなくても体がぽかぽかしている人はアトピーが治りやすいと思います。
詳しくは前の記事をみてください。

 

【アトピーを治すコツ記事】
アトピーなら体を冷やさない

 

人間運動をしなければ、代謝は低いままです。

 

まぁ運動をしなくても、緊張したりすることでも体があたたかくなったりしますけど。
世の中、そんなに緊迫感ある毎日を送ったりすることもないので。

 

 

運動をして、体を少し追い込んでみてください。
運動自体がアトピーだけではなく、健康にいいことですからね。

 

適度な運動って絶対に必要ですよ。
自分も運動不足で緊張型頭痛で、あたまが痛くて脳神経外科で検査しましたから。

 

 

 

代謝をあげて体をあたたかく保つ

代謝をあげるというのは大事なことです。

 

「じっとしていたら寒い」
という人は、体の機能が低下しています。

 

だから運動をして代謝をあげて、体が暖かい状態を保つわけです。

 

 

太っている人は、なにもしなくても汗をかいたりします。
そこまでにはなる必要はないですが、なにもしなくても体が暖かいのが理想です。

 

実際ガリガリな人より、ある程度肉がついているほうが健康的ですよね。
日本人はスマートなことに外見的美を感じるので、ダイエットを好んでいますけど。
太っているほうが痩せているより健康的なんです。

 

 

まぁ別に太らなくていいんですけど。
なにもしなくても体があたたかいという人は理想的です。

 

そんなことをしなくても厚着をしたりすることもでも大丈夫なんですけどね。
でも、衣服や食べ物に頼らなくても、人間の体はあたためることができるわけです。

 

その方法が運動です。
だから運動したほうがアトピーは治りやすいわけです。

 

 

 

 

 

アトピーとか関係ない

代謝をあげることは、アトピーとか関係なしに。
健康問題として大事なことです。

 

体温が高い人は、風邪をひきにくかったり、大きな病気になりにくいです。
でも、体温が低い人は、風邪をひきやすかったり、大きな病気になりやすいとされています。

 

 

自分の甥っ子も2人いるのですが。
1人は体が温かいのに、1人は体が寒いので、やっぱり体質っていうのがあるのだと思います。

 

うちの母も、太っているからなのか知りませんけど。
いつも暑がっていて、常に半袖を着ていたりします。

 

 

やっぱり体温が高いほうが免疫力って働くんですよ。
その結果、体が正常に働きやすい。

 

逆に体が寒い人は、免疫力がうまく働かないので、体に異常がでやすい。

 

 

生まれつきの体質的なものもあるので。
どんなにがんばっても、代謝があがらないというか
「さ、寒い…」
な感じの人もいるかもしれませんけど。

 

人間って運動をすると息があがって体が熱くなりますし。
汗もかきますよね。

 

そうやって体質を変えていくのが大事なことだと思います。

 

 

汗かきなんていうと、不潔なイメージや体臭がついてしまうイメージがありますけど。
汗をかいたほうが、健康的にはいいわけですね。

 

人間やっぱり健康が一番ですよ。
だから、基礎代謝が高い体質な人は、恵まれた体をしていると自分は思っています。

 

 

どんなにイケメンでも、病弱だとどうにもならないでしょ。
いや、知らんけど!

 

病弱でもイケメンのほうがいいっていう人もいるのかもしれませんけどねぇ。
でもやっぱり人間は、不細工だったとしても健康的に長く生きたいのでは?

 

いや、基礎代謝が高くて、さらにイケメンなのが最高なわけですけど。

 

 

 

 

 

血液ドロドロを回避

子供にはあまり関係のないことだと思いますけど。
大人アトピーの人は、運動不足で血液がドロドロになっているからアトピーなのかもしれません。

 

血液ドロドロでアトピーとか、こじ付けというか、そういう感じがありますけど。
やっぱり血液ドロドロより、血液サラサラのほうがいいじゃん!!

 

 

運動をしないと、血液がドロドロになって動脈硬化になりやすく

  • 心筋梗塞
  • 脳梗塞

こういうことが起こりやすいとされています。

 

めまいの原因が、脳に血液がいかないからな可能性もあるので…。
血液はさらさらにしておきたいところです。

 

 

アトピーって食べ物が重要ってされていますけど。
結局それは腸だったり、体の血液の関係なのかもしれませんね。

 

血のめぐりが悪いと、やっぱりアトピーが治りにくいというか。
肌の状態が悪くなりそうです。
血管年齢が高いと老けやすいなんていわれていますし。

 

 

でもアトピーは子供がなりやすい症状なので。
血液ドロドロとアトピーの関係はやっぱりないか。

 

子供は血液さらさらというか、子供が心筋梗塞とか脳梗塞とか聞いたことがないですよね。

 

 

なので子供と運動というのはあまり関係ないのかもしれません。
大人アトピーは、そもそもアトピーではなく、血液ドロドロに皮膚に異常がでているかもしれないので。
大人に対しての対策になるかな。

 

 

なので運動をするっていうのは、アトピーとか健康のためでもありますけど。
さらに老後のためというか、そういうところもあるんですよ。

 

アトピーは子供にでやすい症状ですけど。
どんな人も歳はとりますから。

 

運動をする習慣はつけておいたほうがいいです。
人って運動をする理由が
「ダイエット?」
とかぐらいしか思いつかない人もいますけど。

 

健康のために運動をしないと、急に倒れたりするわけで。
体は若いうちから適度に動かすべきなんです。

 

 

 

 

運動でアトピーが悪化することはあるか?

運動でアトピーが悪化することがあるのかというと。
これは可能性が0ではないと思います。

 

うまく言えませんけど。
関節部位のところにアトピーがあると、運動をすることで関節部位のアトピーが擦れたり、伸び縮みすることで。
アトピーのかさぶたが剥がれたりします。

 

 

なので、運動でアトピー箇所に刺激になっているのなら。
かきむしっているのと、似たような感じになっているので、なかなか治らないと思います。

 

 

アトピーの汗とかは、あまり気にしなくていいと思います。
たしかに、汗をかくと気持ち悪くてストレスがたまりますけど…。

 

そこらへんは運動が悪いのではなく、運動後の状態が悪いと思うので。
どうにかしてください。

 

 

ただ、運動をするとアトピー箇所が擦れて、アトピーがボロボロになってしまう人は。
ある程度皮膚ができるまで、運動はやめたほうがいいかもしれません。

 

運動って、皮膚がかなり伸び縮みするというかな。
もしアトピー皮膚がかさぶたができている状態のときだったら。
運動で、せっかくできたかさぶたがはがれてしまう可能性があるので…。

 

運動でアトピーが悪化する可能性というのは、その状態のときだと思います。
自分も結構ありました。

 

 

だから、アトピー箇所って酷使したらダメなんですよ。
どんなにアトピー箇所をかきむしっていなかったとしても。
アトピー箇所に刺激を与えていたら、アトピーって治らないです。

 

だから、かきむしっていなくても
「なかなかアトピーがよくならない」
という人は、私生活の中でアトピー箇所に刺激になっている可能性があります。

 

アトピー箇所にガーゼでも貼ってあげると、刺激が軽減できる可能性は十分あると思います。

 

 

自分はおしりにアトピーがありましたけど。
座っただけでも、アトピーへの刺激になっていたと思います。
だからできるだけ座らないようにする生活を心がけましたからね。

 

おしりとパンツがアトピー液でくっついてしまっている人は。
さっさと、アトピー箇所にガーゼでも貼ったほうがいいかと思います。

 

 

 

 

 

汗をかくことを恐れない

汗をかくと、アトピー箇所が悪化しそうに思う人もいるかもしれません。
たしかに汗をかいて、そのままにしているとかゆくなりそうです。

 

でも
「汗をかくのが嫌だから運動しない」
なんてことを思っていると、どんどん体が冷えやすくなります。

 

 

汗をかきやすい人って、体臭がでやすいので、最近の人にとっては避けたい体質かもしれません。
でも、汗をかきやすい体質のほうが、健康的にはいいんですよ。

 

自分も汗をかきにくい体質なので、体臭とは結構無縁なので、体臭のつらさがどれほどなのかなんともいえませんが…。
やっぱり健康であることのほうが、体臭があることより大事だと思います。
汗をかくと体臭がつきやすいかもしれませんが、汗をかきやすい体質にしたほうがいいと思いますね。

 

汗をかいたら、綺麗にすれば大丈夫ですし。
まぁそこまでこまめに生活できるほど人間優秀ではないと思いますけど。

 

 

運動をして代謝をあげるというのは大事なことだと思います。
逆に汗をかきにくい体質の人は、すぐに体が冷えるので、体質を改善すべきです。

 

 

無理をする必要はないんですよ。
1日5分でいいから、外を走るだけでも十分です。

 

自分も夜そのぐらいジョギングしています。
「たった5分かよ!」
という人もいるかもしれません。

 

でも、まったくなにもしないことと、少しでもジョギングするのではぜんぜん違います。
そして5分も走れば1kmぐらいは余裕で走れますからね。

 

5分のジョギングと聞くと、ぜんぜん運動していないように感じます。
でも距離として考えると、結構な距離走れます。

 

 

ストレッチは筋トレはイマイチかな。
自分の体験談ですけど、ストレッチや筋トレをだらだらやるぐらいなら、外を5分走ったほうが効果は高いです。

 

やっぱり外を走るというのが大事だと思います。
家の中でちんたらちんたら筋トレしても、緊張感がまったくないので。

 

 

学校の授業に体育があるのは、体を動かすことって大事なことだからなんです。
別に、勉強ができないが運動だけはできる生徒のために体育が存在しているわけではないわけですね。

 

運動会なんていうのも、競技とかいう感じではなく。
健康イベントみたいな感じにすればいいのに…。

 

学校というか教師でさえも、大事なことを見失っていると思います。
というか中学とかの体育教師のバカっぷりはやばいでしょ。
体育教師がクラスの担任とかになると、かなり不安というか、やばいですからね…。

 

体育教師って、学校になんで体育があるのかよくわかっていないでしょ。
おそらく体育教師って
「運動できるやつが輝く場!」
みたいな感じで、体育が存在していると思っているんじゃねーの!?

 

運動って人間が生きていくうえで大事なことなんだわ!
それを教えない学校とか、ほんとろくな奴がいねーわ。
体育の重要性は自分で気づかないと駄目なわけですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ