アトピーお茶

【アトピー対策】ホットの(熱い)お茶を飲む 冷たい飲み物は避ける

アトピーならお茶を飲むのは基本中の基本

アトピーを治す方法としてお茶を飲むというのがあります。
まぁジュースやお酒を飲むよりは、お茶のほうが100倍マシってだけなんですけど。

 

 

アトピーにいいお茶はいろいろありますね。
ざっとあげるだけでも

  • 柿の葉茶
  • ルイボスティー
  • べにふうき
  • 甜茶

こういったところはアトピーに効果が高いお茶だと有名です。

 

 

自分もいろいろとお茶を買って飲みました。

 

 

ただ自分の体験談になりますが、お茶を飲んでもアトピーがよくなるというより、ジュースを飲むよりはマシな程度です。
逆にいえば、ジュースといった砂糖がどっかり入っている飲み物を飲むと、アトピーが悪化したりします。

 

お茶の飲み方にもコツがあったりするので、それを紹介しようと思います。

 

 

 

お茶は冷たいお茶より熱いお茶を飲むに限る

 

前にアトピーを治す方法で、体を冷やさないというのを紹介しました。

 

【関連記事はこちら】
アトピーなら体を冷やさない

 

体の冷えは腸の働きを低下させます。
なので、冷たいお茶は、お茶だったとしてもアトピーに悪影響がでる可能性があります。

 

いや悪影響がでるというより、プラス効果が乏しいといったほうがいいかもしれません。
お茶を飲めば、アトピーにいい影響がでるはずなのに、冷たいお茶だとそのプラス効果がイマイチなんです。

 

 

だからお茶を飲むのなら、ホットの熱いお茶を飲むようにします。
熱すぎるお茶は胃や腸を痛めるので注意してください。

 

アトピーのために熱いお茶を飲んで、胃がんにでもなったら目もあてれませんから。

 

 

冷たいお茶より、ホットのお茶を飲む。
これは忘れないでください。

 

 

 

 

ホットのお茶を飲むのなら粉末茶がおすすめ

ホットのお茶を飲むのなら、ティーパックタイプより粉末タイプのお茶がおすすめです。

 

粉末をコップにいれて、そこにお湯を入れればできますから。

 

 

アトピーの人は粉末茶をおすすめします。

 

【粉末茶販売店一覧はこちら】
粉末茶

 

ホットなお茶を飲んでいると、アトピーの治りが早いです。
腸がいい感じで働いてくれるのだと思います。

 

もちろん、普段の食事も腸が悪化するようなものは食べず。
腸に優しいものを食べないといけませんけどね。

 

 

冷たいものより温かいものがおすすめです。
でも温かいものって、甘すぎたり、あぶらっこいものが多いので、食べるものって限られてきますけどね。

 

 

 

 

粉末茶のおすすめはべにふうき!口コミも多い

粉末茶でどれにしようか迷ったのならべにふうきがおすすめです。
べにふうきはアトピーに効果があるお茶だとも言われていますから。

 

 

値段も高くないですし、口コミ数も多いのでおすすめです。
ほとんどが花粉症対策として飲んでいる人たちですけど。

 

【べにふうきの口コミはこちら】
べにふうき口コミ

 

2016年1月のべにふうきの評判
口コミ数⇒2708件
平均評価⇒4.45点

 

★★★★★  | 1523人
★★★★   |  911人
★★★    |  243人
★★     |   22人
★      |    9人

 

アトピーの人はべにふうきの口コミ内容や評判はあまり参考にならないかと。

 

べにふうきの口コミ内容をみれば、ほとんどが花粉症に対しての効果があるのかどうかの評価をつけていますから。
平均評価をみても、花粉症への効果としてのものだと思えば、あまり参考にならないです。

 

 

でもアトピーの自分がべにふうきを飲んだところ、アトピー状態がずいぶんよくなりました。
やっぱりホットのお茶は有効なんです。
べにふうきを飲めばより高い効果を期待できるかもしれません。

 

 

人間冷たい水より、温かいものを飲むのをおすすめします!!
温かいものがいいというより、冷たいものが悪いといったほうがいいような気がします。

 

人間水分補給は大事です。
でも、ものすごく冷たい水を飲むとおなかが冷えて、腸の機能が悪くなります。

 

自分も昔は飲み物に大きな氷を2個も入れていたからアトピーになったのかもしれません。
「冷たい飲み物がうまい!」
みたいな感じで、キンキンに冷えた飲み物を好んでいたので…。

 

 

人間の体温は約36度ですよね。
人間ってあたたかいんですよ。

 

体を冷やしてしまうのは、異常なんです。
まぁ体を熱くするのもどうかと思いますけど、熱なんかがでている体はどうにかしようと熱を出します。

 

でも逆はないですよね。
体を冷やそうとして、34度とか体温が下がることはないんです。
体を冷やすというのはそれだけ異常なことなんです。


ホーム RSS購読 サイトマップ