アトピーにヨーグルト 乳酸菌で腸内環境を整える

【アトピー食べ物】ヨーグルトで治す!乳酸菌で腸内環境を整える!健康に良いことを増やす

ヨーグルトはアトピーに効果がある?

ヨーグルトがよくアトピーを治す食べ物として名前があげられています。

 

 

自分はアトピーですし、毎日ヨーグルトも食べています。
毎日ヨーグルトを食べているのに、アトピーがひどくなったりもするので、そう聞くと効果がないように感じます。

 

 

でも自分は毎日ヨーグルトを食べています。
それは
【ヨーグルトが健康にいいもの】
だと思っているからであって、アトピーにも良い影響がある食べ物だと思います。

 

ただその影響は、アトピーを治すものとまではいかないと思います。
プラスかマイナスかでいうならば、ぎりぎりプラスといったところといえばいいかな。

 

でも、そういう食べ物って少ないですよ。
アトピーにプラスになる食べ物なんて、そう多くないはずです。

 

 

 

ヨーグルトの乳酸菌がアトピーに効果

ヨーグルトって発酵食品です。

 

 

ヨーグルトって牛乳(生乳)から作るんですよ。
牛乳に乳酸菌を入れて醗酵して固まるんです。

 

ヨーグルトには乳酸菌が入っています。
むしろ乳酸菌が入っていなくて、かたまったヨーグルトは雑菌が入って腐って固まったヨーグルトだといえます。

 

ヨーグルトは乳酸菌の力で固まるわけですね。
だから生きた乳酸菌が入っているわけです。

 

 

この乳酸菌が人間の腸内環境を整えてくれます。
アトピーは
「腸内環境が乱れているからアトピーになる」
なんてこともいわれています。

 

腸内環境が乱れてアトピーになっている人にとっては、乳酸菌を配合したヨーグルトは、アトピーをよくする可能性の秘めた食べ物になります。

 

 

 

 

アトピーへの効果が発見された乳酸菌もある

乳酸菌の中にはアトピーへの効果が発見されたものもあります。

  • L-92乳酸菌
  • KW乳酸菌
  • シロタ株
  • LGG乳酸菌

こういったところが有名です。

 

 

 

ただ乳酸菌の効果は、人との相性で決まると言われています。
アトピーに効果があると発表された乳酸菌が、実際アトピーに効果が高いようには自分は思えないです。

 

あくまでも
「アトピーに有効だという発表がされている」
だけであって、実際はそれほど大差がないと思いますね。

 

まぁメーカーとしては、アトピーへの有効性を発表することで、その乳酸菌を配合した製品の売れ行きがよくなったりするので。
そういった発表をしているだけであり、どんな乳酸菌でもアトピーへの効果はあると思いますね。

 

 

 

ヨーグルトは食べるべき?

ヨーグルトを食べるべきなのか?

 

 

これは好きにしていいと思います。
自分は健康面でヨーグルトはいいと思っているので、毎日食べています。

 

 

でもそこまで抜群な効果があるわけではないです。
さっきも書きましたけど、毎日ヨーグルトを食べているのに、アトピーが悪化するときもあります。

 

 

人によっては
「効果がなかった!」
という人もいます。

 

でも、それは単にヨーグルトへの期待が大きすぎただけだと思います。
人間、時間とともにアトピーはよくなっていく可能性のほうが高いです。

 

ヨーグルトを食べている期間に、アトピーがよくならなかったり、アトピーが悪化してしまう人は、なにか他に問題があるのだと思います。
2ヶ月ぐらいの期間で、アトピーがよくならないというのは問題ありです。

 

 

乳酸菌のアトピーの効果が
「2ヶ月続けることでアトピーが改善」
というのなら、2ヶ月もあれば、アトピーはある程度よくなるのが当然です。

 

なので、ヨーグルトを食べている間にアトピーはよくなって当然なんですよ。
もちろんヨーグルトを食べて、アトピーをかきむしっているのなら、アトピーは悪化していきます。

 

 

ヨーグルトを食べて、アトピーをかきむしって
「ヨーグルトはアトピーに効果がありませんでした」
というのは、むちゃくちゃだと思います。

 

でもそういう人が多いように感じます。
ヨーグルトを食べれば、なにもしなくてもアトピーが勝手に治っていく。
ヨーグルトを食べれば、後はなにをしてもいい。
そんなことを思っている人は、アトピーがよくなっていかなくて当然ですよね。

 

 

ヨーグルトはアトピー対策の+αでしかないです。
無理に食べる必要もないですし、気が向いたときに食べるだけでも悪くないと思います。

 

ヨーグルトに期待しすぎている人ほど、他になにもしなくアトピーが悪化したりする人もいます。
ヨーグルトを食べることでアトピーが治れば苦労はないです。

 

でもヨーグルトを食べることで、アトピーの治りが若干早くなるかもしれません。
そのぐらいの期待はしてもいいかもしれませんね。

 

 

アトピーは理屈で治れば苦労はないです。
「○○乳酸菌はアトピーに効果がある。だから○○乳酸菌を摂取すればアトピーが治る」
なんて簡単にアトピーが治るのなら、苦労はないです。

 

でも、乳酸菌を摂取することはアトピーを治す可能性を高めるものには間違いないと思っています。
迷っているのなら、ヨーグルトを食べればいいと思います。

 

食べるのも自由ですし、食べないのも自由。
そもそもスーパーで
「ヨーグルトを買ったほうがいいですかね?」
なんて、迷っている人なんてほとんどいませんよね。

 

 

 

 

 

ヨーグルトを買うお金がもったいない?

ヨーグルトは1個150円もあれば買えると思います。

 

 

「ヨーグルトを買うお金がもったいない」
という人は、普段なにを食べているのかが気になります。

 

アトピーではない人でも、毎日ヨーグルトを食べている人だっています。
ヨーグルトを味目的で買う人だっているんです。

 

 

まぁ結局ヨーグルトを続けられるのかどうかは、本人のそういうところにかかっているとおもいます。
「ヨーグルトを買うお金がもったいないな」
と思っているのなら、そりゃ続かないですよね。

 

そりゃ、自分の趣味には何千円、何万円と使う人でも
「ヨーグルトを買うお金はもったいない」
という人もいますから。
お金がある、ないの話ではなく、価値観の話なんだと思います。

 

 

アトピーの人ってなぜか
【知名度が低い、高額製品に興味を持つ】
ところがある気がします。

 

おそらくアトピーを治すためには
「よくわからないものに手を出す必要がある」
みたいなことを思っているわけではないと思いますけど
「みんなが知らないものではないとアトピーは治らない」
なんてことを思っているのかもしれませんね。

 

 

でもアトピーって多くの人が治しているわけで。
アトピーって、出回っているものでも十分治るというか。
なにもしなくてもアトピーって治るものなんですよ。

 

 

でもなかなかアトピーが治らない人は
「普通のものではアトピーは治らない」
と思い込んでしまって、よくわからない高額製品に手を出し、後から
「アトピービジネス!アトピービジネス」
と被害者面をするのだと思います。

 

 

 

ヨーグルトは健康に良いものだと思うべき

そんな感じでアトピーを治すために大事なことは
【健康への意識を高めること】
です。

 

 

アトピーに良いことをするのではなく。
健康に良いことをすることで、アトピーはよくなっていきます。

 

アトピーに良いとされていることにこだわっていると、窮屈でストレスがたまります。
なので、健康にいいことを積み重ねていくといいと思います。

 

 

人によっては
「健康によいことは、つらいこと」
だと思っている人もいるかもしれませんが。

 

そういうわけでもないです。
ジョギングだって、つらいと思っている人がいるかもしれませんが。
自由に走ることというのは、気持ちいいことです。

 

 

学校でマラソンとか、大勢でぞろぞろ走らされるとつらいですけど。
自由に走るっていうのは気持ちいいことですよ。

 

だから、趣味で走ったりする人がいるのもわかりますし。
自分も健康のために夜ジョギングをしたりしています。

 

自分は毎日ヨーグルトを食べたりもしていますけど。
それらがつらいことだとは、あまり思わないですね。
むしろそれらをしないほうが、体がイマイチで、気持ち悪いような…。

 

 

ヨーグルトの乳酸菌があーだこーだのアトピー効果も。
実際は健康によいことをしての、アトピーに良い影響を与えるってものですから。

 

むしろ健康によいことをして、駄目なことってあるのか知りたいです。
そりゃー、大金がかかるような健康によいことはしなくていいと思うんですけどねぇ。

 

 

なんで人って、アトピーでも健康でも
「お金をかけたほうがいい」
みたいな観念があるんでしょうね…。

 

アトピー対策も
「10万円ぐらいする品があれば治りそう」
とか思う人は多いでしょ。
だからアトピービジネスって生まれるんですよ。


ホーム RSS購読 サイトマップ