アトピーはうつる?ぜにたむしはうつる

【アトピー】うつる?悪いイメージがついてしまう!ぜにたむしはうつるので注意

アトピーはうつる?注意が必要

アトピーはうつるのか?
これは、答えは
「うつらない」
です。

 

いや、アトピーは体の外の病気ではなく、体の中の異常です。
なのでうつるはずがないです。

 

 

ただ人によっては、そんなことが通用しない人もいます。
「アトピーはうつるんだ!」
と思いこんでいる人が、肌に異常がでたら
「(アトピーの)おまえのせいだ!」
と、いろいろ文句を言ってくる可能性があります。

 

なので、アトピーがうつるとか冗談でもアトピーの本人が言ったらいけません。

 

 

日本では、裁判沙汰にはあまりなりませんけど。
海外だったら、難癖つけてきそうな案件な気がします。

 

 

 

 

 

アトピーはうつらないが、他人にみせびらかすものでもない

アトピーはうつらないです。
でもそれをすべての人が知っているわけでもないです。

 

アトピーは他の人にみせないほうがいいです。
アトピーをみせていいことなんてなにもないです。

 

 

アトピーのことを理解している人でも、やっぱりアトピー箇所が接近してくるとつらいです。
だからアトピーの人は、できるだけ人と密着しないほうがいいです。

 

 

たまたま一緒にいた人が、肌の状態が悪くなった。
こちらにはなにも責任はないのに
「お前のせいだ」
なんていわれたらショックですよね。

 

だから、アトピーの人は
「アトピーは絶対にうつらないもの」
だというのをアピールすべきです。

 

まぁ逆にいえば、人と人の接触で清潔を保っていなかったのなら、肌荒れの原因になるといえるので…。
アトピーはうつるというより、人と人との接触で肌が荒れる可能性はあるのかもしれませんけど。

 

 

アトピーは体の中の異常です。
肌に症状がでますけど、体の外の異常ではないんです。

 

花粉症が移ることはないように、アトピーもうつることはありません。

 

 

 

 

 

アトピーではない可能性

ただ、特に気をつけて欲しいのは、アトピーだと思っていたがアトピーではなかったときです。
アトピーはうつりませんけど、アトピー以外のものならうつる可能性があります。

 

特に注意が必要なのは
【ぜにたむし】
だった場合です。

 

ぜにたむしはいわゆる体にあらわれる水虫症状です。
ぜにたむしはうつります。

 

 

ぜにたむしとアトピーはかなり見分けがつきづらいと思います。
病院の医者も、アトピーとぜにたむしを見分けられない人が多いです。

 

患者が
「アトピーになったみたいで」
といえば、医者もアトピーだと決め付けて診察します。

 

そもそもアトピーというのは、決められたなにかがあるわけではないです。
肌に症状がでて、かゆみがあればそれはアトピーということになってしまいます。

 

 

なのでアトピーはうつりません。
でもぜにたむしなど、アトピー以外の症状で肌に症状がでているのなら、それはうつります。

 

アトピーの人は
「ほんとうにそれはアトピーなの?」
と一度考えてみるのがいいと思います。

 

かってにアトピーだと決め付けている人は結構多いですよ。
まぁアトピーというのは、原因が不明というか、決められた要素がないんですよ。
たんなる肌荒れをアトピーという人も多いと自分は思っています。

 

肌荒れがでているのなら、できるだけ他人とは接触しないほうが、後々めんどうにはならないのでそうすべきです。

 

 

まぁぜにたむしだと思っていたら、やっぱりアトピーだったということもあるので…。

 

ぜにたむしとアトピーの治療法は違うんですよ。
むしろまったくの逆ともいえます。

 

 

だから
「ぜにたむしかも」
と思っている人は、優秀な医者に見てもらうのがいいと思います。

 

アトピーの人は、皮膚科に行って、医者に
「アトピーで困っています」
と、勝手にアトピーだと決め付けて医者に相談するから後手に回ってしまうのかもしれません。

 

まぁ医者も患者に
「アトピーだ」
といわれたら、アトピーだと考えて診察しますからね。

 

いや、そもそもアトピーでも皮膚荒れでも、皮膚科は限られた治療方法を提示するので…。
基本似たり寄ったりな治療方法をすすめてきます。

 

 

でも、ぜにたむしは、アトピーや肌荒れみたいなものとは治療法が違うので…。
ぜにたむしの可能性がありえる人は、一度病院で本当にアトピーなのか見てもらったほうがいいですよ。


ホーム RSS購読 サイトマップ