アトピーと癌 大腸がんの危険

【アトピー】癌になりやすい理由!腸が弱く大腸がんの危険

アトピーの人は癌になりやすい

癌って遺伝的要素もあるので、なってしまう人はなってしまうんです。

 

でも私生活のところからがんになる人もいます。
アトピーの人は、癌になりやすいのかどうかというと、自分は
【なりやすい】
と思っています。

 

 

ネットで調べると
「アトピーの人は癌になりにくい」
と言っている人がいますけど、それは勘違いな説明だと思いました。

 

アレルギーは免疫バランスが崩れる、いわゆる免疫の過剰反応だから免疫力が高いから癌になりにくいといっていたんですけど。
アレルギーは免疫バランスが崩れやすい、つまり免疫力が弱い状態です。

 

 

単なる言葉遊びみたいなもので
免疫バランスが崩れる=免疫力の過剰反応=免疫力が弱い
ということなんですよ。

 

でも、一部の人は
「免疫力が過剰反応を起こすということは、免疫力が高いのでは?」
と勘違いしているわけですね。

 

まぁ結構有名どころの記事とかでも、そういうことを言ってしまう人がいるので、結構勘違いしている人がいます。
そういうことを考える人は、もうだめだわ。

 

「アトピーを治すために、免疫力を弱める」
とか聞いたことないです。

 

そもそも
「免疫バランスを整える対策=免疫力を高める」
こうするしかないのに。

 

「免疫力を高めたら、より免疫バランスが悪くなる!」
という人がいるからよくないです。
ほんとどうしようもない。

 

 

まぁでも考えようによっては
【アトピーの人は健康意識が高くなるから癌になりにくくなる】
ということはありえるのか。

 

アトピーをよくするためには、健康にいいことを増やしていく必要がありますからね。
食事を見直してアトピーを治すなんて、まさに健康に良い食べ物を食べる対策ですよね。

 

 

 

 

 

アトピーの人は免疫力が弱い!癌ウイルスをやつけることができない

アトピーの人は腸内環境が悪く免疫力が弱いとされています。
そもそもアトピーの人は腸が弱っているからアトピーになっているとも言われています。

 

癌の中には、大腸がんなんていうものもありますから。
腸が弱い時点で、大腸がんに危険はあると思います。

 

 

ヤクルトの乳酸菌シロタ株が癌対策になるというのは
【乳酸菌シロタ株が腸内環境を整えてNK細胞を活性化させるから】
です。

 

 

腸は免疫細胞を生み出す器官なわけですね。
その腸を健康にして、免疫細胞の数と、免疫細胞の強さを強化するわけです。

 

その結果免疫細胞ががん細胞をやつけることを狙っているわけです。

 

 

自分はアトピーという症状は
「このままだったら、より危険な症状にかかってしまうよ」
というサインのようなものだと思っています。

 

 

アトピーの人は、さっさとアトピーをどうにかする生活をしないと、いろいろやばい病気になると思います。
自分は潰瘍性大腸炎になりましたからね。

 

 

潰瘍性大腸炎は難病ですよ。
治しかたが見つかっていない病気です。

 

 

アトピーになって、もっと健康に気を使えば潰瘍性大腸炎を回避できたかもしれません。
アトピーになっても、不規則な生活を続けている人は覚悟しておいたほうがいいと思います。

 

 

つまりアトピーの人は癌になりやすいというより。
アトピーになって健康意識が高まらないと、いろいろな病気になってしまう可能性があるってことです。

 

人って高血圧になれば
「血圧を下げるような生活をしよう」
と思いますよね。

 

アトピーも同じことなんですよ。
アトピーになったのなら
「健康に良い生活をしよう」
と思わないといけないのに、たまに諦めてしまう人がいるんですよね。

 

 

「なにやってもアトピーなんて治らないよ。だから自由気ままに生きるぜ」
なんていう人がいますけど、アトピーが治らなくてもいいから健康的な生活をすべきなの!!

 

「健康な生活をしてもアトピーが治らないから、不規則な生活をしてもいい」
なんて理由にはなりませんよね。
まぁ自分も昔はそんな感じだったんですけどね。

 

 

 

 

 

がんの人が増えている原因

今って癌になる人が増えています。
その理由がなんだかわかりますか?

 

多くの人は
「欧米化の油っぽい食事が原因では?」
と考えると思います。
たしかにそれもあります。

 

 

でも一番の原因は
【日本人が長生きするようになったから】
だとされています。

 

つまり、今の日本人って癌ぐらいでしかなくならないようになったわけです。
医療の発達もあるでしょうし、衛生面がよくなり、さらに安全な世の中になったのかもしれません。

 

 

癌の一番の原因というか要素は
【高年齢化】
なんです。

 

なぜ高齢になるとがんになりやすいのか。
それはやっぱり免疫力の低下だと思います。

 

そしてなぜ免疫力が低下するのかというと、人間の腸内にいるビフィズス菌(善玉菌)の数が少なくなるからだと考えられています。

 

 

生まれた当時はビフィズス菌がたくさんいるのに。
年齢と共にビフィズス菌が少なくなり、悪玉菌が増えてしまうわけですね。

 

なんだかんだで腸内環境を整えることは大事です。
癌になった人も、癌の再発を抑えるためにヤクルトを飲んだりして乳酸菌を摂取している人は多いです。

 

 

アトピーは腸が弱っている人に出やすい症状です。
そういう点で、アトピーの人は癌になりやすい状態になっているといえます。

 

でもアトピーになるというのは、チャンスなんですよ。
癌を防げるチャンス。

 

 

アトピーになるというのは体が
「このままでは危険だよ」
とサインを出してくれているわけです。
これは助かります。

 

アトピーになった人は、腸内環境を整えてみてください。
もちろんアトピーの原因が腸内環境の悪化と限られているわけではないです。

 

 

癌の原因も腸内環境の悪化だけではなく、遺伝の要素もありますから。
どうにもできないかもしれません。

 

 

でも腸内環境が悪いと思っている人にとっては、アトピーは助けられるサインです。
アトピーになるというのは、警報が発生されているんです。

 

まぁ津波警報がでても、非難しない人がいたりします。
そして実際、津波警報がでていても、非難しなくても問題なかったりすることもあります。

 

でも、万が一があるんですよ。
アトピーの症状がでているというのは、その警報が出されている状態が続いているということです。

 

 

…でも人間って。
病気にならないと、健康に気を使う気にならない人って多いですよね。

 

アトピーという症状がでていても、アトピーって実際軽視されやすいです。
自分もアトピーでしたけど、5年以上特に気にせず過ごしていましたからね。

 

そして潰瘍性大腸炎を発症したわけですから。
自業自得だったのかもしれません。

 

 

 

 

アトピーは体の中の異常が原因

アトピーは皮膚に症状がでますけど、アトピーの原因は体の中の異常です。
だからアレルギーと言われるわけです。

 

 

アトピーに知識がない人ほど
「アトピーの原因は○○です」
と断定していいます。
でもアトピーの原因なんて人それぞれです。

 

癌の原因だって、人それぞれです。
遺伝的影響かもしれませんし、私生活の影響かもしれません。

 

でも結局のところアトピーもガンも、なってしまった原因を特定することは不可能です。
アトピーの原因を確実に特定することは不可能ですし。
癌になった原因を確実に特定することは不可能なんです。

 

結局、アトピーもガンもなってしまった事実がありますけど、その確実な原因はいろいろあるわけで特定はできないわけですね。
検討はつけることができるんですけど。

 

 

健康にいいことをするというのは、アトピーの点でも癌の点でも良いことです。
健康にいいことをする気がないのなら、どうにもならないと思います。

 

適当なことを言っている人ほど
「アトピーの原因は○○。だから○○を使えば効果がある!」
なんて、無責任なことをいうんです。
まぁそのほうがわかりやすかったりするので、それを信じてしまう人が結構多かったりするんでしょうけど。

 

 

自分が行った病院の医者は
「アトピーは虫のしわざ」
とか、よくわからないことを言っていました。

 

自分はその医者をポンコツだと思っていますけど。
アトピーって原因がわからないので、実際その医者のいうとおりな可能性だってあるわけです。
実際その医者のおかげで、アトピーを治した患者もいるわけですし。
自分は治らなかったけど。

 

でも健康に良いことは、やって無駄はないと思います。
なのでアトピーになったのなら、健康に良いことをすべきです。
そうすることで、癌になる可能性も減らせるはずです。


ホーム RSS購読 サイトマップ